赤谷どんつき祭

今年も 奇祭・赤谷どんつき祭、行って参りました。
いきなりですが、祭のクライマックス・神主と山大将の胴上げからです。(^^)
e0100277_062914.jpg
e0100277_065798.jpg
e0100277_072789.jpg
e0100277_0101213.jpg

オープニングは のんたんさんの素晴らしいお写真でどうぞ。(^^♪♪

まだまだつづきます~♪
[PR]
by qjo-s-koshi | 2010-02-22 23:57 | お祭 | Comments(10)
Commented by trial05 at 2010-02-23 01:19
いぇ~~~ぃ (^^)/、真夜中に凍える熱さ! 寝られなくなるよぉ~!! ^^;
痛い寒さを吹き飛ばす勢いが、画から バーーーンと伝わってきます!!
ことに最後はドラマチックですね~!
右の光は、フラッシュですか?  これぞ「奇祭」に相応しいショットになりましたね~!
もしかして・・・ のんたんさんのフラッシュじゃない?(笑)

アイよぉ~ 続きも拝見しまっせっ♪
Commented by mogerand-island at 2010-02-23 02:31 x
こんばんは。

おお! いよいよ来ましたねぇ。のんたん師匠に続いて、たまら先生の入魂ショット。
被写体に負けないだけの熱いエネルギーを持っていないと良い写真は撮れない…というのがよく分かりましたです。

崖下組組員のワタシもガンバリまっす (何を?)。w
Commented by mr_schop at 2010-02-23 19:02
すごい迫力ですね。広角レンズはこういうシーンで本領発揮すると思います。
フレアから熱気が伝わってきます。
Commented by kayoko at 2010-02-24 00:04 x
こんばんは。初めまして。
のんたんさんの所から来ました。
凄いですね!
ギュイーン!グイーン!ドリャー!ワッセワッセ!
弾けるエネルギーが聞こえてきそうです。
これからもちょくちょく拝見させてください。
Commented by scottts at 2010-02-24 10:22
わ、すごいですねえ。 きっとかけ声をかけながらの迫力でしょうね。
スチル写真が動画みたいに見えます。 彼らはもう寒さなんか感じていないのでしょうね。

↓の「川の流れのように」、好きな絵です。
Commented by qjo-s-koshi at 2010-02-26 00:52
trialさん、こんばんは~♪
ありがとうございます~~(^^)
最後の写真はビデオ用のライトなんですよう・・・・これが眩しすぎてなかなかに悩ましいのよね~(^^;;
今年は宣伝が功を奏してカメラマンの数が多かったけれど、それでも少ない方かな。。。
さむ~いけれど、楽しかったですよん♪♪
Commented by qjo-s-koshi at 2010-02-26 01:04
mogerand-island さん、こんばんは。
ありがとうございます♪♪昼過ぎに市島酒造で仕込んだモノが熱く燃えたようです・・・(^^;;;
崖下組組員・・・大丈夫です。県警のかたがしっかりパトロールしてますから、崖下にはなりたくてもなれません(^^)
来年は家族サービス兼ねて月岡温泉一泊付撮影旅行いかがでしょ♪♪
Commented by qjo-s-koshi at 2010-02-26 01:09
mr_schop さん、こんばんは。
観客はすぐそばで見ていられますから、広角大活躍です。(^^)
今年は宣伝が功を奏して男衆の人数も多くて見ごたえありましたよ。
Commented by qjo-s-koshi at 2010-02-26 01:14
kayokoさん、はじめまして。こんばんは。
静止画から音を感じてくださったのですね!!
ありがとうございます。うれしいですっ(^^)
これからもコメントいただくととってもうれしいです。よろしくお願いします♪♪
Commented by qjo-s-koshi at 2010-02-26 01:19
scotttsさん、こんばんは。
大きな掛け声だして、激しく身体を押し合って、一時もじっとしていられません。
氷点下の寒さですから・・・(^^)見ているこちらまで厄が祓われる気持ちがします。

↓川霧が晴れて朝日に耀く河はそれは美しかったです。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 赤谷どんつき祭・2 砂丘をいく >>