そして・・・

朝日がさしこんで、浜辺に彩りが戻ってくる。
e0100277_121340.jpg

e0100277_105997.jpg
e0100277_1163983.jpg

e0100277_0585632.jpg

[PR]
by qjo-s-koshi | 2008-09-11 12:30 | | Comments(6)
Commented by sa55t at 2008-09-11 16:21
3枚目が凄く好きですね。
朝のすがすがしさが聞こえてきます。
Commented by sakaituu at 2008-09-11 21:05
女性の目は新鮮で優しく素敵ですね!
 Sa55さんも新鮮な写真を撮りますよね・・・
Commented by qjo-s-koshi at 2008-09-11 23:21
saさん、こんばんは。
夜はすっかり明けているのに、ここは山の陰でなかなか朝日がさしこまないのです。
ここを訪れたのは、8月最後の日曜日。
陽の光がさして彩りがもどっても、もう夏のあの日差し、海辺の賑わいは戻ってきませんでした。
夏の終、寂しくも清々しい季節の始まりです。
Commented by qjo-s-koshi at 2008-09-11 23:28
sakaituuさん、こんばんは。
過分なお言葉、ありがとうございます。
常に新鮮な視線を持つというのは難しいことですね。
sakaiさんやsaさんのように、ふとしたことを見逃さないように過ごしていきたいと思います。
Commented by scottts at 2008-09-12 05:12
なるほどのんたんさんの写真の答えがこれですね。
この旗はすごい、いったい何年風雨にさらされているんでしょうね。
電球に映る浜辺もなんとなく寂しげですし、錆びた鉄、この旗とくれば
これは演歌の世界です。
Commented by qjo-s-koshi at 2008-09-13 10:04
scotttsさん、おはようございます。
そうなんです。撮る方が違うとあんなに不思議な写真になるのですね。(^^)
この旗は冬場はしまうと思うのですが・・・そうでないと引き千切れてボロボロになると思うのです。
演歌・・・!!
夏が終わって、日本海は演歌が似合う季節となってきましたね。。(^^)
また新潟にいらしてくださいね!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 幻夜 どこへいく・・・ >>